【子育てROOM】思いついたら5秒以内(5秒の法則)

子育てROOM

「The 5 Second Rule(5秒の法則)」を日常でチャレンジしてみませんか? 

私がおすすめする、メル・ロビンズさんの有名なスピーチの一つの「5秒の法則」です。 

今回は、私がそのお話を子供達にどうやって伝えているかをシェアしたいと思います。 

これを読んだ後、今からでも実践したくなるはずです(笑)

The 5 Second Rule(5秒の法則)とは 

自分の心・直感が、今やるべきだと思っていることが出てきたその瞬間から5秒経つと、人は言い訳を考え始めるという、脳の仕組みです。 

 私たちの脳は、いつも心配ごとや、不安や緊張なものに対して支配されていて、あなたが変化するのをストップするようにデザインされているんです。

なぜなら、人間の古い歴史からいうと、新しい事をすると生命の危機にさらされると思い、自分を守る為に変化をしないで現在の状態を維持する選択をするようになっています。

例えば、未知の食べ物を疑いなく食べてしまったり、危険なものに近づいたりして、死に至る経験を歴史上たくさんしてきているからです。 

 しかし、現代はそんな危険性もなく過ごしていけるため、その直感と行動をコントロールし、習慣化できるようになれば、1日に多くのタスクをこなすことができ、やる気など関係なく行動を起こすことができるんです! 

 外発的なことや、気分(やる気など)をコントロールすることは難しいですよね。 

やる気がないのに、やる気を出せー!って言われても出ないし、人からされる嫌なこともその人をコントロールすることは、結構難しいと思います。 

 しかし、自分の思考や、取る行動は常に自分で選べるからこそ、自分がやりたい!と思う直感が働いたら、言い訳を考える前の5秒で行動するチャレンジをして欲しいです。 

5秒ずつの決断と行動の積み重ねで、自分の価値観とやりたい事を尊重することができれば、感情的になりそうな時でも、どう行動したいか選択できるようになり、自分の人生を最高にできるんです。 

どうですか、ワクワクしませんか? 

子供達にどう伝えているか 

私は、関わる育成年代の子供達に、「5秒ルールで行動する」というお話を必ずしています。

しかしそれは強制や押し付けではなく、やり方を教えて、面白そうだなぁ、やってみよっかな!と思ってくれるよう心がけて伝えます。 

どんな伝え方をしているかというと、 

「5秒で行動できるようになる為に、楽しいやり方を教えるから、今日家に帰ってからちょっとやってみてね」 

そう最初に伝えると、なになに?みたいな眼で見てくれます。 

「まず、今日帰ったら日常でめんどくさい事を見つけます。例えば、ご飯食べた後のお皿とか、めんどくさいから後回しにしてたり、落ちてるゴミをみた時に拾おうか迷った時とか、練習から帰った後の荷物を置きっぱなしにしていたり等、日常でたくさんめんどくさい事があるから、まずそれを見つけてみてね」 

この時は、横にいるお母さんと一緒に考えたり、あれだね〜って笑って話してたりしています。 

「もしその面倒くさい事を見つけたら、1つだけでいいのでそれを5秒以内でやってみるといいよ。もし5つくらいあっても、1つで良いんだよ。もちろん最初の5秒はすっごい辛いけど、動き始めれば楽になるから」 

「そして明日もめんどくさいこと見つかるから、「これだ〜面倒くさい事見つけた!」と思って、1つだけやってみて。そしたら明後日も見つかるから、「うわっ、面倒くさいこと見つけてしまった。でもいつもやらないけど、今日は1つやってみよう」って思ってやってみて。そしたら来週も見つかるから、今日は1つやってみようって。そしたら来月も見つかるから…」 

横にいるお母さんは、頷きながら笑っていて、子供は真剣にイメージしているのか、顔色がだんだん曇ってきます(笑) 

「そしたらね、1年後、周りを見たら、みんなはやっていないんだけど、◯◯くんだけはやれてるんだよ。そして3年後、周りはまだやっていなかったり、知った人は努力でやってたりするんだけど、◯◯くんはもう無意識に当たり前のようにやれてるようになってるんだよ」 

「そうなるとどうなるかというと、◯◯くんが無意識に身につけた良い行動を見ている人が絶対にいるから、その行動をみて、◯◯くんかっこいいな、とか真似してしたいなって思われて、良い行動を真似しようとしてくれたり、もちろん尊敬もされるようになるし、◯◯くんは人に良い影響を与えられる人間になれるんだよ。ワクワクするよねっ」 

最後には、子供の眼がキラキラしてきて、それを見た瞬間に、これは帰ったら絶対にやるなと思っています。 

大人が実践していけること 

私がこの5秒ルールをすごく納得したのは、今まで30年以上直感で決断し行動してきて、やりたい事は全てやっているし、後でやろうと思ったことがないんです。

面倒くさがりなので、どうせ後でやるんだから、面倒くさいから今やろうって思って行動していました。

今でもその習慣は取れていません。 

身近な例えで言えば、返さないといけないメールでも、すぐ返すか、後で返すかで大きな差が生まれると思うんです。 

やるべき事を5秒以内に終わらせることができれば、次の行動へ進めるし、もし後でやろうとか、1時間後にやろうとかすると、1時間その事を頭の片隅に置いて考えないといけないというストレスがかかってしまうと思います。 

 面倒くさがりの方は、「面倒くさいから後でやろう」ではなく、「面倒くさいから今やって終わらせよう」という思考にしていく、楽しい訓練をしてみてはいかがでしょうか。 

大人が習慣化して行動できれば、そのかっこいい行動をする背中を見て、子供達も必ずそういう行動を自然と取るようになります。 

 私は、これまでの様々な経験を経て、今では、自分がどう行動したいかを周りに流されず選択して行動できるようになってるなと思ったから、確かに5秒ルールは大事だ!と納得し、育成年代の子供たちが「面白そうだな、やってみたいな」と心から思ってくれるよう伝えていきたいです。 

なぜなら人生は決断と行動の連続だと思うからです。 

まずは自分にできる小さな決断を、自分の意志で行動し続けていきたいです。 

今回は、下にメル・ロビンズさんのおすすめ動画を添付します。 

興味のある方はぜひ見てみてくださいね! 

この記事を書いた人

関連記事

特集記事

TOP