家造.net > 賃貸について

アパートとマンションの違い

賃貸物件を探す際、アパートにしようかマンションにしようかと考えるケースもあるでしょう。

そもそもアパートとマンションの違いはとはどんなところにあるのでしょうか?

上の画像の建物一つとってもアパートという方もいればマンションという方もいるでしょう。

アパートとマンションにはどのような点で違いがあるのか見ていきたいと思います。

B!

アパートとマンションに明確な違いはない

実はアパートとマンションには法律で定められたような明確な違いはありません。

一般的には建物の構造や階数によりアパートとマンションは区別されることが多いです。

建物の構造

アパートマンション
構造木造・軽量鉄骨造鉄骨造・RC造

これは、建物の階層や大きさとも関係してきますが、建物が大きくなればなるほど強度を必要とするので、その建物に合った構造で建てられることになります。

建物の構造についてはこちらのページを参考にしてください。

参考-家の構造について(構造・工法)


建物の階数

アパートマンション
階数2階建以下3階建以上

建物の階数からもアパートとマンションを区別することがあります。

一般的には2階以下の建物をアパートと呼ぶことが多く、それ以上のものはマンションと呼ぶことが多いです。

しかし、昨今では2LDK以下の間取りでも2階以上で建てることも少なくないため必ずしも当てはまるわけではありません。


物件を選ぶ際には名称に惑わされることのないように

上記のように、アパートとマンションの違いは個人の主観によっても異なるため、名称から建物がどのようなものなのか決めつけるのは危険です。

物件を選ぶ際には、アパートとマンションのような名称から建物を判断するのではなく、自分が住む建物に強度や遮音性、気密性など、どのようなことを求めているのか考え確認することが大切と言えるでしょう。

参考-賃貸物件選びの注意点

B!

家造り関連記事

▲ PAGE TOP

2005 (C) IEZO.NET Inc