土地のこと 家を建てる 家造りのお金 家造りの健康・安全 リフォーム 設備・インテリア

家造.net > 家造り用語集 > フロート板ガラス

フロート板ガラス

1960年代に開発されたフロート法
(熔融金属の上にガラス素地を流し、火造りのまま連続成型する画期的な方法)により製造が開始されました。
以来旧製造方法(機械引上げ法)に代わり、現在では全世界的に普及している透明板ガラスです。
最も優れた透明性を持つ。

●高い平面精度
フロート板ガラスは、高い平面精度をもっているため、すぐれた透視像が得られます。

●採光性
火造りの面をもち透明で平滑なため、採光性にすぐれています。

●最大寸法、最大板厚
フロート板ガラスは、最大幅約3m、長さ約10m、呼び厚さ19ミリまでの大板ガラスが生産可能です。そのため、大開口部の構成に自在に使用できます。

前のページに戻る


 

 広告掲載について

 お問い合わせ

 このサイトについて

 プライバシーポリシー