TOP▲

フロート板ガラス

1960年代に開発されたフロート法

(熔融金属の上にガラス素地を流し、火造りのまま連続成型する画期的な方法)により製造が開始されました。

以来旧製造方法(機械引上げ法)に代わり、現在では全世界的に普及している透明板ガラスです。

最も優れた透明性を持つ。

高い平面精度

フロート板ガラスは、高い平面精度をもっているため、すぐれた透視像が得られます。

採光性

火造りの面をもち透明で平滑なため、採光性にすぐれています。

最大寸法、最大板厚

フロート板ガラスは、最大幅約3m、長さ約10m、呼び厚さ19ミリまでの大板ガラスが生産可能です。そのため、大開口部の構成に自在に使用できます。


関連記事

Category

土地のこと
土地選びは、法的制限を知ったうえで
地盤、形状・方位などさまざまな要...

土地のこと

家を建てる
家を建てるには、法律や様式などの
様々な制限とメリット・デメリット...

家を建てる

家造りのお金
人生最大の買い物、といわれる住宅。
家をつくる場合、十分な自己資金を...

家造りのお金

家造りの健康・安全
健康で安全に暮らすためには、地震や
犯罪など、外部からの脅威に備える...

家造りの健康・安全

リフォーム
老朽化した設備などを修理するメンテ
ナンスと、暮らし方や好みに合わせ...

リフォーム

設備・インテリア
家を造るには欠かせない、住宅設備と
インテリアについて考えます...

設備・インテリア

家造り用語集
家造りに関連する用語の意味をご覧
頂けます...

家造り用語集

iezo住宅展示場

直接足を運ばなくても、住宅展示場に行った気分になれるサイトです。 大切な家づくりの「+Α」に・・・

iezo住宅展示場

PR

メルマガ登録

家と暮らしに関わるお役立ちコンテンツ配信中!

Social Page

  • google+
  • twitter
  • instagram
  • facebook