家造.net > 土地のこと > 東海地震について > 過去の災害情報

東海地震について

 東海地震についてのトップへ

過去の災害情報

耐震性は、日本の住まいづくりで最も重要なテーマのひとつ。過去から学び、地震への備えと心構えを万全にしましょう。

 関東大地震(関東大震災)

〜地震後の火災が、被害を拡大〜
1923(大正12)年、関東南部で起こった巨大地震が、関東大地震。全体の被害は、死者・行方不明者14万2000人あまり、全・半壊家屋25万4000戸という大災害でした。地震後に各地で起きた火災が被害をさらに拡大しました。また、関東沿岸を津波が襲い、熱海では12メートルの高さに。関東大地震は、プレート間地震であり、直下型の地震でもありました。

 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)

〜家屋の倒壊による圧死が84%〜
1995(平成7)年の兵庫県南部地震では、6400人以上が亡くなりました。死因の約84%は、家屋の倒壊などによる圧死・圧迫死でした。耐震性の不安が、昭和56年以前の旧基準木造住宅で指摘されています。それ以外の住宅でも、耐震性は重要ポイントです。

 東海地域の地震

〜1854年から発生しておらず不安〜
駿河湾〜御前崎沖を震源域とする東海地域の地震は、100〜150年周期で繰り返されています。しかし、1605(慶長9)年の慶長地震、1707(宝永4)年の宝永地震、1854(嘉永7)年の安政東海地震のあと、大地震は発生していません。1944年の東南海地震でもエネルギーが解放されず、相当なゆがみが蓄積されているといわれています。

1498年(明応7年)
M8.2〜8.4 東海道全域

明応の東海地震(紀伊〜房総と、甲斐に大きな揺れ。津波の被害が大きく、伊勢大湊で家屋1,000戸、溺死者5,000人。伊勢志摩で溺死者10,000人、静岡県志太郡で溺死者26,000人などの被害がありました)

1586年(天正13年)
M7.8 畿内・東海北陸

天正の飛騨美濃近江地震(飛騨白川谷で大山が崩れ、民家300以上が埋没。死者多数。余震は翌年まで続いたといいます)

1605年(慶長9年)
M7.9 東海南海西海

慶長の東海・南海地震(犬吠崎〜九州までの太平洋沿岸に津波。八丈島で死者57人、紀伊西岸広村で700戸が流失、阿波宍喰で死者1,500人、土佐甲ノ浦で死者350人、室戸岬付近で400人以上の被害)

1854年(安政元年)
M8.4  中部、紀伊

安政の東海地震(死者2,000人〜3,000人余、倒壊及び焼失家屋30,000万戸余、津波も発生しました)

1854年(安政元年)
M8.4 近畿中南部

安政の南海地震(32時間前の安政東海地震と区別が明確ではありませんが、死者は1,000人余)

1944年(昭和19年)
M7.9 東海道沖

昭和の東南海地震(静岡、愛知、三重で甚大な被害。死者行方不明1,223人、倒壊家屋17,599戸、流失家屋3,129戸。津波が発生し、地盤沈下も)

1945年(昭和20年)
M6.8 愛知県南部

三河地震(死者2,306人、倒壊家屋7,221戸。津波も発生。地震の規模の割りに被害が甚大でした)

1946年(昭和21年)
M8.0 南海道沖

昭和の南海地震(中部以西で大きな被害。死者1,330人、倒壊家屋11,591戸、焼失家屋2,598戸)

参考:気象庁ホームページ
過去の地震被害一覧(明治以降、100人以上の死者・行方不明者を出した地震・津波)
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/higai/higai-1995.html

 土地のことトップへ

前のページに戻る

関連リンク

家造りのステップ

 土地を決める

土地のこと
土地選びは、法的制限を知ったうえで
地盤、形状・方位などさまざまな要...

土地のこと

家を建てる
家を建てるには、法律や様式などの
様々な制限とメリット・デメリット...

家を建てる

家造りのお金
人生最大の買い物、といわれる住宅。
家をつくる場合、十分な自己資金を...

家造りのお金

家造りの健康・安全
健康で安全に暮らすためには、地震や
犯罪など、外部からの脅威に備える...

家造りの健康安全

リフォーム
老朽化した設備などを修理するメンテ
ナンスと、暮らし方や好みに合わせ...

リフォーム

設備・インテリア
家を造るには欠かせない、住宅設備と
インテリアについて考えます...

設備・インテリア

家造り用語集
家造りに関連する用語の意味をご覧
頂けます...

家造り用語集
住宅展示場
pr

 広告掲載について

 お問い合わせ

 このサイトについて

 プライバシーポリシー