家造.net > 土地のこと > 土地探しのABC > 定期借地権とは?

定期借地権とは?

定期借地権は平成3年に借地借家法に創設された新しい借地の方法です。土地を買うことなく「利用」するというのがこの制度の根本的な考え方です。借地期間は50年以上と長く、住宅取得に適した新しいしくみです。

 建築条件付土地とは?

定期借地権は平成3年に借地借家法に創設された新しい借地の方法です。土地を買うことなく「利用」するというのがこの制度の根本的な考え方です。借地期間は50年以上と長く、住宅取得に適した新しいしくみです。

 定期借地権を利用すれば40%もコストを抑えられる

「定期借地権付住宅」はマイホームの夢を現実のものにするための第一歩です。同じ広さの土地に、同じ家を建てた場合、定期借地権なら所有権とくらべてコストは約60%。念願の庭付き一戸建ての家も夢ではありません。

 定期借地権のメリット・デメリット

メリット

デメリット

土地を所有しない分、安価な値段でマイホームを持てます。

キャピタルゲインが望めない。

借地人の権利は借地借家法で保護されているので、安心して暮らせます。

原状回復費用が必要となる。

賃借料は従来の一般的な借地に比べて格段に割安です。

資産価値が少ない。

固定資産税や都市計画税などの土地に関する税金はいりません。

 

 契約の流れ

1.定期借地権の設定

2.借地人居住開始

3.契約満了、建物取り壊し

4.更地にして返還、契約終了

 定期借地権と普通借地権の違い

借地権の種類

定期借地権

普通借地権
(借地借家法)

一般

建物譲渡特約付

事業用

借地権存続期間

50年以上

30年以上

10年以上20年以下

30年以上

借地の利用目的

制限なし

制限なし

住宅用以外の事業用

制限なし

契約の形式

書面で特約をした場合のみ有効

制限なし
(口頭でも契約は成立)

公正証書での契約のみ有効

制限なし
(口頭でも契約は成立)

その他の特徴

原則として期限が満了したら更地にして地主に返還。
 ↓
契約更新はなく、建物の取り壊しは、借地権者の責任と負担で行われる。

30年経過後に貸主が建物を買い取る。
 ↓
借地権は消滅するが、通常は賃借人付きで地主に返還される。

原則として更地にして地主に返還される。
 ↓
契約更新はなく、建物の取り壊しは、借地権者の責任と負担で行われる。

正当な事由がないと貸主は契約の更新を拒絶できない。
(更新の期間)
1回目:20年以上
2回目以降:10年以上

 土地のことトップへ

前のページに戻る

関連リンク

家造りのステップ

 土地を決める

土地のこと
土地選びは、法的制限を知ったうえで
地盤、形状・方位などさまざまな要...

土地のこと

家を建てる
家を建てるには、法律や様式などの
様々な制限とメリット・デメリット...

家を建てる

家造りのお金
人生最大の買い物、といわれる住宅。
家をつくる場合、十分な自己資金を...

家造りのお金

家造りの健康・安全
健康で安全に暮らすためには、地震や
犯罪など、外部からの脅威に備える...

家造りの健康安全

リフォーム
老朽化した設備などを修理するメンテ
ナンスと、暮らし方や好みに合わせ...

リフォーム

設備・インテリア
家を造るには欠かせない、住宅設備と
インテリアについて考えます...

設備・インテリア

家造り用語集
家造りに関連する用語の意味をご覧
頂けます...

家造り用語集
住宅展示場
pr

 広告掲載について

 お問い合わせ

 このサイトについて

 プライバシーポリシー