家造.net > 家を建てる > 家の構造について > 家の耐用年数

家の構造について

 家の構造についてのトップへ

家の耐用年数

最も耐久性の高い工法はというと、明確な答えは出ていません。古い木造建造物が現存したり、逆にコンクリートが崩落することもある上、地盤の良し悪しにも影響されるからです。ここでは税法上の耐用年数という視点から見てみましょう。

 木造で22年、軽量鉄骨で19年

鉄筋コンクリート造

47年

鉄骨造(4トン超)

34年

鉄骨造(3〜4トン)

27年

鉄骨造(3トン以下)

19年

木造

22年

設備(電気、給排水)

15年

 家の経年変化

築5年〜10年

小さな箇所の破損や汚れが目に付いてきます。

築10年〜15年

浴室、トイレ、キッチンなど水まわりの設備に不具合が生じ始めます。

築15年〜20年

床下や給排水管など見えない部分に、傷みや腐食が出始めます。

築20年〜30年

家の耐用年数が近づいたり、家族構成が変化してリフォーム、増改築などの検討が必要な時期。

 家を建てるトップへ

前のページに戻る

関連リンク

家造りのステップ

 設計図面をつくる

土地のこと
土地選びは、法的制限を知ったうえで
地盤、形状・方位などさまざまな要...

土地のこと

家を建てる
家を建てるには、法律や様式などの
様々な制限とメリット・デメリット...

家を建てる

家造りのお金
人生最大の買い物、といわれる住宅。
家をつくる場合、十分な自己資金を...

家造りのお金

家造りの健康・安全
健康で安全に暮らすためには、地震や
犯罪など、外部からの脅威に備える...

家造りの健康安全

リフォーム
老朽化した設備などを修理するメンテ
ナンスと、暮らし方や好みに合わせ...

リフォーム

設備・インテリア
家を造るには欠かせない、住宅設備と
インテリアについて考えます...

設備・インテリア

家造り用語集
家造りに関連する用語の意味をご覧
頂けます...

家造り用語集
住宅展示場
pr

 広告掲載について

 お問い合わせ

 このサイトについて

 プライバシーポリシー