家造.net > 家を建てる > 家の構造について


 土地・家探しに便利な地域学区ガイド

家の構造について

家の建て方は、ここ数十年の間に大きく変わってきました。数多くの工法が取り入れられ、選択の幅が広がっています。地震国だけに強度も考えながら、安心して暮らせる家をつくりましょう。

 構造・工法

従来の主流だった木造の在来軸組工法に加え、鉄骨の骨組みにしたり、鉄筋コンクリートで頑丈にしたり、さらには海外から2×4工法などが取り入れられたりと工法は様々。それぞれの特徴を抑えます。

 素材・建材

古くから日本で親しまれている木造建築。軽くて調湿機能のある自然素材として、木は馴染みの深いものです。針葉樹、広葉樹それぞれに種類豊富な木材の特徴を知り、家づくりに生かしましょう。

 図面の見方

依頼先へ伝えた家づくりの要望は、「基本設計」というプランになります。配置図、平面図、立面図など多くの種類で構成され、難しそうな図面ですが、たくさんの情報を読みとりたいものです。

 家の耐久年数

建物の耐久性は、家の工法・構造建材、メンテナンスによって様々。どの工法が最も耐久性があるのかは一概には言えません。ここでは、減価償却による耐用年数という視点で見てみましょう。

関連リンク

家造りのステップ

 設計図面をつくる



 

 広告掲載について

 お問い合わせ

 このサイトについて

 プライバシーポリシー