家造.net > 家を建てる > 良い住まいの設計のポイント > 3階建て以上の家を建てるには?

TOP▲

3階建て以上の家を建てるには?

高層住宅

3階建て住宅は、狭い土地でも部屋を多く取れるため、建築数が近年増加しています。

3階建て住宅を建てる際のポイントや注意点をご紹介します。


3階建て以上の住宅に最も大切なのは耐震性能

  • 3階建て以上の住宅は、狭い土地に多くの部屋を確保するために上に伸ばして家を造るというケースがほとんどです。

    結果的に縦に細長くなるため、高さの低い住宅と同じ造り方をすれば必然的に地震の揺れに弱くなってしまいます。

    そこで最も注意しなければならないのが耐震性能です。

    参考−地震に強い家

  • 縦に長い3階建ての家

3階建て以上の住宅は鉄筋コンクリート造(RC造)がおすすめ

3階建て以上の住宅を造ろうと思った時、やはり耐震性に優れているのは鉄筋コンクリート造です。

鉄筋コンクリート造(RC造)なら、一般住宅にはもったいないほどの耐震性能を発揮してくれます。

参考−家の構造・工法

価格は2階建ての1.5倍程度が目安!?

3階建てというと、とても値段の高いイメージもありますが、狭小地に建てることも多いからか金額の目安は2階建ての1.5倍程となります。

様々な3階建ての住宅があるため一概には言えませんが、木造と鉄骨造という違いだけでも金額は大きく異なってきます。

家を建てる時に坪単価で金額を考えることも多いですが、2階建てに比べると坪単価も上がります。広さなどでも金額が異なってきますが、3階建ての場合坪単価で70万円前後かかると考えておいた方がいいでしょう。

木造在来工法で建てる際の注意点

それでも木造にこだわりたい人に、木造在来工法で立てる際の注意点をご紹介します。

耐震性のポイントは「基礎工事」と「筋交い(耐震壁)」

基礎は安定性から「ベタ基礎」がおすすめです。

「ベタ基礎」の上に、しっかりとした柱を組み、「筋交い」の入った壁を設けることで木造在来工法でも3階建ては可能です。

設計時には「壁」をしっかり多く取り、重いものは極力1階に置くよう注意

まず、大切なのは壁を多くしっかりと取ることです。外壁には「筋交い(耐震壁)」を配置し、特に1階には部屋を仕切る壁をバランスよく多く配置することで1階の壁が2階3階を支えてくれます。

浴室や屋根の上の太陽熱温水器などは、総重量が300〜500Kgにもなるため家の設備の中でも非常に重く、2階3階に配置することで家の重心を狂わせてしまいます。

浴室についてはできる限り1階に配置するように設計しましょう。

また、狭い土地に駐車場を確保するために1階をガレージにする家が増えていますが、開口部が必然的に広くなり、強度が下がるので避けるべきです。

3階建て住宅施工事例集

こだわりがたくさん詰まった3階建ての家

木造3階建て〜着工から完成まで〜

狭小地×3階建て住宅


家を建てる

関連記事

Category

土地のこと
土地選びは、法的制限を知ったうえで
地盤、形状・方位などさまざまな要...

土地のこと

家を建てる
家を建てるには、法律や様式などの
様々な制限とメリット・デメリット...

家を建てる

家造りのお金
人生最大の買い物、といわれる住宅。
家をつくる場合、十分な自己資金を...

家造りのお金

家造りの健康・安全
健康で安全に暮らすためには、地震や
犯罪など、外部からの脅威に備える...

家造りの健康・安全

リフォーム
老朽化した設備などを修理するメンテ
ナンスと、暮らし方や好みに合わせ...

リフォーム

設備・インテリア
家を造るには欠かせない、住宅設備と
インテリアについて考えます...

設備・インテリア

家造り用語集
家造りに関連する用語の意味をご覧
頂けます...

家造り用語集

iezo住宅展示場

直接足を運ばなくても、住宅展示場に行った気分になれるサイトです。 大切な家づくりの「+Α」に・・・

iezo住宅展示場

PR

メルマガ登録

家と暮らしに関わるお役立ちコンテンツ配信中!

Social Page

  • google+
  • twitter
  • instagram
  • facebook