家造.net > 家を建てる > 良い住まいの設計のポイント > 二世帯住宅を作るポイント

良い住まいの設計のポイント

 良い住まいの設計のポイントのトップへ

二世帯住宅を作るポイント

トータルで考えた時、経済的なメリットがあることから二世帯住宅を選ぶ人が増えてきました。二世帯住宅を検討しているなら、二世帯住宅をつくる際のポイントについて考えておきましょう。

 二世帯住宅の親世代・子世代の両方にメリット

親世代のメリット

同じ場所で生活しているため、核家族化で隙間の開きがちな家族関係につながりが持てること。また高齢化と共に難しくなってきた家の維持管理を共同でできることがあげられます。

子世代のメリット

土地や建物についても共同での購入となることも多く、よりリーズナブルにマイホームが持てるといった経済的なメリットが大きく、子供の面倒も見てもらいやすいといったメリットもあります。

 二世帯住宅の3つの設計プラン

二世帯住宅で最も重要なことは、互いの家族がどの程度のコミュニケーションを取るのか?また、それを実現するために共用部分が多いほうが良いのか、それとも少ないほうが良いのか?という点をイメージして両家族が同じイメージを共有しておくことです。

代表的な3つのプランを参考にしてみましょう。

1、玄関、浴室、台所などを共用するプラン

玄関、浴室、台所、トイレ、洗面所などを分けないで、共用で使用するプランです。水回り等の設備が一家族分で済ませられるため費用負担が少なくてすみます。部屋数を多く取る必要がなくなるため、個々の部屋を大きく取ることができます。

2、家を縦に2つに割るプラン

家を縦に左半分と右半分に分け、2家族互いの玄関や浴室などもそれぞれが独立した形を取ります。
玄関、浴室など、共用できる部分もそれぞれに用意されています。互いのコミュニケーションレベルは低く同じ敷地内でも一度も会わないといった現象が起こりえます。それぞれのプライバシーも守ることができる適度な距離を保つことができるという点ですぐれた形です。 家造オススメはこちらの縦割りプランです。

3、家を横に割るプラン

1階には高齢の親世代、子供世代は2階をメインとし、子供世代用に2階に直接上がる外階段をつけます。上下に分かれている分、足音などでお互いを意識できますが、反面、騒音として気を使う部分でもあります。こちらもそれぞれに玄関、浴室などの共用できる部分を作ります。

 家を建てるトップへ

前のページに戻る

関連リンク

家造りのステップ

 設計図面をつくる

土地のこと
土地選びは、法的制限を知ったうえで
地盤、形状・方位などさまざまな要...

土地のこと

家を建てる
家を建てるには、法律や様式などの
様々な制限とメリット・デメリット...

家を建てる

家造りのお金
人生最大の買い物、といわれる住宅。
家をつくる場合、十分な自己資金を...

家造りのお金

家造りの健康・安全
健康で安全に暮らすためには、地震や
犯罪など、外部からの脅威に備える...

家造りの健康安全

リフォーム
老朽化した設備などを修理するメンテ
ナンスと、暮らし方や好みに合わせ...

リフォーム

設備・インテリア
家を造るには欠かせない、住宅設備と
インテリアについて考えます...

設備・インテリア

家造り用語集
家造りに関連する用語の意味をご覧
頂けます...

家造り用語集
住宅展示場
pr

 広告掲載について

 お問い合わせ

 このサイトについて

 プライバシーポリシー