家造.net > 家を建てる > 良い住まいの設計のポイント

TOP▲

良い住まいの設計のポイント

お洒落な家のインテリア

「こんな家に住みたい」という漠然としたイメージを図面にしていくのは、楽しくも大変な作業。

どんな視点から具体化すればよいのか、プランニングのコツを集めました。


長く住める家の設計ポイント

家族の夢がいっぱいつまった家には、長く住み続けたいもの。丈夫で長持ちする家を設計するポイントはコレです。


土地を有効活用する設計ポイント

敷地の形・大きさは様々。変形敷地や狭小地では、空間をいかに有効に使うかが問題です。デッドスペース活用、空間の立体利用など、のびやかに暮らせる住まいづくりを考えます。


東海の気候にあった設計方法

快適な住まいは、気候風土との調和が不可欠です。温暖で、比較的に風が吹く地域といわれる愛知県を例に、気候にあった心地よい家づくりのポイントを紹介します。


夏の暑さ・冬の寒さ対策

四季のある日本は、夏に涼しく、冬に暖かい家をめざすことが重大なテーマ。季節の変化に対応した採光や通風に配慮しながら設計することが求められます。


家相・風水

21世紀の現代でも、家相・風水はやっぱり気になるところ。先人たちの生活の知恵や教訓でもあります。間取りやインテリアを決める際に参考にしてみるのもいいかもしれません。


家族構成の変化・子供の成長

長く暮らす家ですから、家族構成やライフスタイルの変化は避けられません。特に、子供部屋は役割が大きく変わり、悩むところです。柔軟に対応できる設計を心がけましょう。


収納のポイント

一般的に、収納スペースは延床面積の10〜20%が必要といわれています。しかし、ただ造ればよいというわけではありません。しまいやすく、使いやすい収納が理想です。


屋上緑化

屋上ガーデンは、心をなごませてくれると同時に、地球環境にもやさしい試み。屋上表面の温度を下げ、階下の天井温度も低くなります。地域によっては助成制度も設けられています。


3階建て以上の家を建てるには?

より広く、より自由な空間を求めて、3階建てを選ぶ人も増えてきました。3階建て住宅を建てる際のポイントは?


二世帯住宅を作るポイント

両親と一緒の家に住むという選択肢を選ぶなら家も二世帯住宅で建てましょう。


家を建てる

関連記事

人気記事

Category

土地のこと
土地選びは、法的制限を知ったうえで
地盤、形状・方位などさまざまな要...

土地のこと

家を建てる
家を建てるには、法律や様式などの
様々な制限とメリット・デメリット...

家を建てる

家造りのお金
人生最大の買い物、といわれる住宅。
家をつくる場合、十分な自己資金を...

家造りのお金

家造りの健康・安全
健康で安全に暮らすためには、地震や
犯罪など、外部からの脅威に備える...

家造りの健康・安全

リフォーム
老朽化した設備などを修理するメンテ
ナンスと、暮らし方や好みに合わせ...

リフォーム

設備・インテリア
家を造るには欠かせない、住宅設備と
インテリアについて考えます...

設備・インテリア

家造り用語集
家造りに関連する用語の意味をご覧
頂けます...

家造り用語集

iezo住宅展示場

直接足を運ばなくても、住宅展示場に行った気分になれるサイトです。 大切な家づくりの「+Α」に・・・

iezo住宅展示場

PR

メルマガ登録

家と暮らしに関わるお役立ちコンテンツ配信中!

Social Page

  • google+
  • twitter
  • instagram
  • facebook