家造.net > 家を建てる > 設計比較 > エネルギー比較

エネルギー比較

家で使用するエネルギーのイメージ

家に住み続ける間、日々の光熱費は家計に大きく影響します。どの設備やどのエネルギーを選び、組み合わせればよいかを考えてみましょう。

 ガス・電気複合

代表的なところでは、照明・家電製品のエネルギーに電気、給湯・調理機器にガスを利用する従来型の設備です。今もほとんどの住宅はこの方式が採用されており、適材適所という点で総合点が高く根強い人気があります。
近年、ガス・コージェネレーションシステム(ガスで発電し、電気の使用量を抑えるとともに、排熱を利用した暖房を行うシステム)が開発され、より効率的なエネルギー使用ができるようになりました。
「オール電化」「ガス・コージェネレーションシステム」に代表されるように、電気とガスの互いの領域の侵食が進んでおり、コスト削減・省エネルギーの観点で複合型を見直す動きも出ています。

メリット

・オール電化に比べて、初期導入コストが安い。
・調理の際に炎が使える。

デメリット

・電気とガスの両方の使用量・基本料金がかかる。

 オール電化

オール電化とは、調理、給湯、冷暖房など生活に必要なエネルギーをすべて電気でまかなうことを言います。

メリット

・燃焼ガスが発生しないため、空気が汚れにくい。
・電気調理器を使用するため、汚れにくく、クリーニングがしやすい。
・炎が出ないため、安全。
・ガスの契約が必要なくなるため、基本料金分コスト削減ができる。
・夜間電力を効率的に使用するプランがあり、単純に全てを電気で賄う状況に比べてコストを削減できる。

デメリット

・初期導入費用がガス複合型と比べて高い。
・電気調理器では使用できる鍋が限定されてしまう。
・鍋を振ったり煽ったりすることができないため、物足りないと感じる方も。

 自然エネルギー

「太陽光発電」「太陽熱温水」「風力発電」に代表される、自然の力でエネルギーを賄う方式です。うまく利用できれば、使用する電力を全て自然エネルギーで賄うことができる上、余った電力を電力会社に買い取ってもらうことができます。
環境保全・省エネルギーの考えが進む中、少しずつではありますが住宅への導入も進んできました。

メリット

・オール電化住宅では、電力の全てを自然エネルギーで賄える可能性があり、余った電力は電力会社に買い取ってもらえるためランニングコストがお得。
・現在最も環境にやさしいシステム。

デメリット

・初期導入金額が高いため、原価償却に時間がかかる。

 家を建てるトップへ

前のページに戻る

関連リンク

家造りのステップ

 設計図面をつくる

土地のこと
土地選びは、法的制限を知ったうえで
地盤、形状・方位などさまざまな要...

土地のこと

家を建てる
家を建てるには、法律や様式などの
様々な制限とメリット・デメリット...

家を建てる

家造りのお金
人生最大の買い物、といわれる住宅。
家をつくる場合、十分な自己資金を...

家造りのお金

家造りの健康・安全
健康で安全に暮らすためには、地震や
犯罪など、外部からの脅威に備える...

家造りの健康安全

リフォーム
老朽化した設備などを修理するメンテ
ナンスと、暮らし方や好みに合わせ...

リフォーム

設備・インテリア
家を造るには欠かせない、住宅設備と
インテリアについて考えます...

設備・インテリア

家造り用語集
家造りに関連する用語の意味をご覧
頂けます...

家造り用語集
住宅展示場
pr

 広告掲載について

 お問い合わせ

 このサイトについて

 プライバシーポリシー